Hisense(ハイセンス) 32型ハイビジョン液晶テレビ:HS32K225

Hisense(ハイセンス) 32型ハイビジョン液晶テレビ:HS32K225

公開日:

IBTとは「Internet Based Testing」の略称で、試験をインターネット上で行うことです。

IBTの他に、「CBT(Computer Based Testing)」や「オンライン検定」、「オンライン試験」とも呼ばれます。

PBT(従来の問題用紙やマークシートを使用した試験)と比較して、手軽に実施できメリットも多いため、検定や資格試験、社内試験で広く利用されるようになっています。

この記事ではIBTの概要とメリット・デメリット、および導入事例をご紹介します。

【2022年版】量子ドット・miniLEDテレビが大激戦間違いなしなのでポイントを解説

IBT(Internet Based Testing)とはインターネットを利用した試験のことで、受験の申し込み、テスト受験、採点、合否通知まで、試験の工程のすべてをインターネット上で行うことができます。 インターネット環境があれば自宅やインターネットカフェをはじめ、会社や学校など場所を選ばずに受験することができます。

タブレットやスマートフォンでも受験が可能な検定試験なども増えてきており、多くの受験機会を提供できるため、受験場所の選択肢が広がる試験方法と言えるでしょう。

ただし、上記した通り、試験によっては開催場所と機器に制限があり、CBTテストセンターと呼ばれる受験会場にある専用PCから受験をすることもあります。

IBTの受験日時

IBTは受験場所の選択肢が多い試験とはいえ、厳正な試験を行う場合は、試験の実施団体が指定した日時、または受験者が選択した日時に受験することが多くあります。

しかしPBT(紙試験)に比べて、選択できる受験日時は多く、受験場所と同様に選択肢が多いと言えます。

IBTの受験・解答方法

IBTでは、試験問題はコンピュータのディスプレイ上に表示されます。 近場の受験者はもちろん、遠方の受験者も受験しやすくなるため、受験者数を増やすことができます。

【まだ小さいテレビ?】絶対に失敗しないテレビの選び方 & 今一番買うべきテレビ

IBTはインターネット環境があればどこでも受験できるので、受験者数の制限が基本的にありません。 メール本文に試験のURLを添付して、受験者にクリックしてもらうだけで、受験まで簡単に誘導できます。

【何が変わった?!】ハイセンス 新型4K液晶テレビ U7FG U8FGシリーズ!徹底解説!!

採点は、選択式問題であれば自動的に行われます。

【ハイセンス最新機種】A6Gシリーズ!購入はありか?なしか?他機種と徹底比較してみた!!

紙を使用した試験では困難だった、動画や画像、音声などを利用した試験問題を出題することができ、出題問題のバリエーションが大幅に広がります。

受験者側にとってのIBTのメリット

次に、受験者にとってのIBTのメリットを見てみましょう。

【2021ベストバイランキング!】格安4K液晶テレビ編!!コスパ最強のおすすめテレビはどのモデルか???

IBTは、試験の動作環境に対応した端末とインターネット環境さえあれば、都合の良い場所と時間で受験が可能です。 試験問題が選択式の場合には、受験直後にわかることもあります。

またスコアレポートや認定証を自分で印刷したい場合は、自宅のプリンターからスコアレポート、認定書発行ができます。

IBTのメリットまとめ

試験実施団体はもちろん、受験者にとっても効率的に試験を実施でき、経済的なコストを軽減することが可能です。 そのため試験監督や監視カメラが用意されているPBTとCBTに比べ、本人以外が受験するなりすましができたり、カンニングなどの不正行為が発生する可能性があります。

コスパ最強!ハイセンス液晶テレビ【Hisense】2022年モデル

インターネット上でIBT試験を行う際は、「顔認証システム」により、なりすまし受験を防止できます。

顔認証システムの一例ではありますが、あらかじめ登録してある顔写真とログイン時あるいは受験中に撮影した顔写真を照合して行うことで本人確認を行います。 顔の撮影にはパソコンのWebカメラやスマホのカメラを使用します。

顔認証システムについて詳しく見てみる

Roland JUNO-GI">

「ハイセンスの32インチ液晶テレビ」をメルカリで格安で買えたので開封!!

カンニングは顔認証やeKYCといった本人確認をするシステムでは防げるものではありません。

中国製激安32型テレビに買い替え 開封 ハイセンスを評価

個人で使用する端末や通信環境の不備によって、受験できない可能性があります。 また、実際にログインができるか受験ができるかといった確認まで行うことでより「受験できない」ケースを緩和することができます。

推奨環境を確保できないといった際にはPCのレンタルサービス等を利用する検討も必要な場合があります。

環境確認の項目としては下記のようなものがあります。

  • 試験システムの推奨ブラウザや推奨OSを使用している
  • ネットワーク環境は試験システムの要件を満たしている
  • コンピュータの内部カメラまたはwebカメラがある
  • コンピュータの内部または外部のマイクがある
  • コンピュータの内部または外部のスピーカーがある
  • マウスまたはコンピュータに付属するタッチパッドがある など

IBTのメリット・デメリットまとめ

IBTにはまだまだ乗り越える壁は多いので導入には検討が必要です。しかし、メリットも多く、デメリットを踏まえても導入する団体さまも多くいらっしゃいます。

※弊社にはそのような相談を多くいただいておりますので、ぜひご相談いただければと思います。

次に、IBTを導入された事例を見ていきましょう。

【ハイセンスってどんなテレビ?】安いだけじゃないハイセンステレビの魅力をたっぷり紹介!\u0026どんな人がどのモデルを選べば良いのか徹底解説!

昨今、多くの試験実施団体が従来のPBTからIBTに切り替えて、もしくはPBTやCBTと併行してIBTを実施しています。 そのためスコアも同等の取り扱いとなり、公式スコアとして入試などで活用いただけます。

【液晶テレビ 2022 おすすめ】お店では絶対聞けない各社の特徴教えます【ソニー パナソニック レグザ シャープ ハイセンス】
【ハイセンスの評判】格安テレビだから心配!そんな皆様にお客様からの声を5つ紹介します【液晶テレビと有機ELテレビ】

TOEIC Program IPテスト(オンライン)は、TOEIC Listening & Reading Test(L&R)、TOEIC Speaking & Writing Tests(S&W)、TOEIC Bridge Listening & Reading Tests、TOEIC Bridge Speaking & Writing TestsでAIを活用した試験監視の下、所属団体が指定した会場か受験者の自宅で受験します。指定された日付で24時間受験でき、受験料が通常に比べ割安になっています。

オンラインテストでのスコアはPBTと同じ意味を持つため、履歴書にも同じように記載できます。

オススメ!コスパ最強YouTubeが見れる32型液晶テレビ【ハイセンス】

ビジネス実務法務検定試験の3級・2級は、2021年の試験から、従来のPBTからIBTで実施されています。 会場開催の目途が立たない中、受験者からは受験を望む声が多く寄せられたため、インターネットで受験可能なIBTでの試験実施に移行されました。 ⇒ 滋賀大学様 事例について詳しく見てみる

【ハイセンスの評判は?】有機ELテレビ・液晶テレビが売れている理由とおすすめ3機種【中身は東芝?】

弊社のLMS「LearningWare」をご利用いただいて、ラーニングで完結できるライセンスや、eラーニングと集合研修を両方修了することで得られるライセンスなどを運用されています。

3083*ysadakojpさま確認専用 ミナペルホネン 手帳型 スマホケース">

「ハイセンス 32A40H」レビュー!32インチのスマートテレビ【2022年モデル】

弊社のLMS「LearningWare」をご利用いただいて、自社社員のために作成したコーヒーの販売検定を行っていらっしゃいます。

curara PWTハロウィンタペストリー❤︎2209①">

【2022年最新テレビ】ハイセンスから格安のminiLED搭載4K液晶テレビが発表!しかも全モデルに量子ドット\u0026GoogleTVが搭載されているという神対応!間違いなくおすすめできるテレビを一挙公開!

某製薬会社様は、紙を用いたマークシートの社内試験を実施していましたが、試験運用のコストがかかるためIBTでの試験を導入されました。 新型コロナウイルスの感染防止の観点からも、感染リスクが少ないIBTでの試験が増えていくと思われます。

一方で、まだ不正防止対策には厳正さを求める試験運営者にとってはまだまだ検討の余地があります。

インターネットを使用して試験を行うIBTは、資格の検定・認定試験や社内試験で広く利用されています。

「IBTについてもっと詳しく知りたい」という方は、ぜひお問い合わせください。

プロシーズでは、IBTシステムの提供を行っております。また、eラーニングシステム・教材作成や内製化支援などのご相談も受け付けております。